フォト

おみやげ

  • チーズブラヴォー
    夫が出張で買ってきてくれた愛情いっぱいのおみやげです。
無料ブログはココログ

2009-01-30

夏目漱石といえば「坊ちゃん」と思うのは私だけか。「吾輩は猫である」すら読んだことがない。「三四郎」「それから」「明暗」名前だけは思い浮かぶが、これまで実際に読む機会がなかった。唯一手にしたのが「坊ちゃん」。明るくて楽くて、こんなに面白い本だったんだsign01これが夏目漱石の印象だった。

何年か前にテレビで「心」を紹介しているのを見た。その時初めて夏目漱石が楽しいだけの本を書いているのではない事がわかった。

「心」を読んだ事のある人ならお分かりの通り、とにかく暗い。心を病んでいる人には決して薦めてはいけない気がする。登場人物の誰にも共感できなかった。しかし、ずっと心に残りそうな本だった。

そもそも、どうしてわざわざそんな暗い本を選んだかといえば、姜尚中の「悩む力」を読んだから。こんな言葉見たことないってくらい難しい言葉だらけのこの本を少しでも理解するためには漱石を読まねば、まずは「心」かなと。

そういえば浩市さんの映画も心の映画だったなぁ。心ねぇ、他人の心は難しい。自分の心さえも危うい現代sweat02

『この子の心はまだ真っ白』

Htdscn3131_2