フォト

おみやげ

  • チーズブラヴォー
    夫が出張で買ってきてくれた愛情いっぱいのおみやげです。
無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009-07-14

夜の現場

2011年完成予定のダムの建設現場。

24時間工事をしているらしく、夜の工事現場は楽しいよnote との情報を夫が仕入れてきた。

もちろん、私にダムの知識は全くなし。建設現場といわれてもあまりピンと来ない。

が、夜のドライブに心が動いたnight

ひたすら山の中を走る。よく知らない道なので暗くなる前に着きたいが、山のくねくね道は予想以上に時間がかかる。

ナビ君のおかげで無事に現場に到着。展望台へ進むと見学バス用の駐車場もある。
そして見えてきたflair 妖しい光が・・
Dscn3593
恐る恐る覗いてみる。うわぁぁぁぁ~何これ~すご~い~happy02
初めて見る光景に感情が先走り。
Dscn3594
落ち着いてじっくりみる。なんだかわからないけど、いろんな機械がたくさん。ここ山だったんだよね?完成まではまだほど遠いが、この時点まで造るのも相当大変でしょ。
ちっぽけな人間がせっせと働いて造ったの?もちろん機械は使うけど、にしても気が遠くなる話だな。
Dscn3595
夫の解説によれば、中央で白く光ってる所ではコンクリートを固めてるそうな。
コンクリートは固まる時にかなりの熱を発するので、それを人が水を撒いて冷やしてるんだって。
人力でsign02 スプリンクラーみたいなのじゃダメなの??
なんでも、コンクリートを固めるのって熟練の技が必要だとか。機械や素人じゃしっかり固まらないのかしら。
Dscn3598
『月夜の現場』
Dscn3597

2009-07-07

こんどはジンで

梅酒で味をしめたsmile

梅酒で使った氷砂糖が余っていたので、他に何か使えるものはないかとネットをあさって見つけたsign01

ジン&グレープフルーツbar
Dscn3585
夫のリクエストにより、砂糖なしも考えたが、砂糖を入れないと果汁が出てこないらしいので少なめに入れる。

この容器にジン1瓶は少ないので、もう1瓶あとから加えた。
こちらは梅酒よりは早く、3か月くらいで飲めるらしい。
へへへ、楽しみ~note

梅酒の途中経過
Dscn3572 Dscn3583
6月15日 7月2日
梅が浮かんでる。量が少なくなったように見えるが・・しぼんだのかなsign02 砂糖が溶けて下の方にたまってる様子。梅の色が少し変わってきた。蓋をあけると、立派な梅酒の香りがする。でもまだまだまだ熟成させなきゃconfident

2009-07-03

至福のひととき

美味しいものを食べると幸せを感じる。

はぁ~美味しかった。ほっと幸せを感じた瞬間。

Dscn3592

2009-07-02

はじめての梅仕事

先月、義母から梅をもらい、梅酒作りに挑戦punch

梅を丁寧に洗い、3~4時間水につけて待つ
Dscn3566_2

竹串でなり口をきれいにして、梅のからだをふく

Dscn3567_2
梅、氷砂糖、梅、氷砂糖の順で容器に入れる
Dscn3569_2
ホワイトリカーをドバドバっと注ぐ
Dscn3570_2
完成~happy02

いやぁ~意外に簡単sign02

洗ってつけて待つのに時間がかかるし、梅をきれいにするのがちょっと面倒ではあるけど、なんか愛情かけて作ってる感じがして、愛おしくなっちゃったheart04

帰宅した夫に自慢すると、すごいすごいsign03 と褒めてくれた。

で、いつ飲めるの?

1年後

・・・・ そんなに先なの

そうだよね~そんなに待たなきゃ飲めないんだね~

これからはもっとありがたく梅酒をいただこう

参考にしたレシピ→梅のある生活(梅仕事)
写真もたくさんあり、とてもわかりやすかった。このサイトを見つけてやる気になったscissors

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »