フォト

おみやげ

  • チーズブラヴォー
    夫が出張で買ってきてくれた愛情いっぱいのおみやげです。
無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008-09-30

あぁ~すっかり秋・・

急に寒くなってきましたね~

ススキの穂も出てきたし、夕暮れも早いし、季節はめぐるね~maple

020

・・と振り返れば、最後にブログを更新してから早半年coldsweats01 ん~筆不精にもほどがある・・いろいろ書くことはあったのに・・やっぱり私ってマメじゃないんだ、と改めて思う今日この頃・・

またちょっと、なんだか書きたくなって、とりあえず一言書いてみた。

実は先週行った金沢のことを書いておきたくて。でもいざ書こうとするとあれこれ考えてなかなか進まない。そうこうしているうちに記憶が薄れて感動も薄れてしまう心配が・・

ぁぁぁsnail

2008-09-22

金沢回顧録~天橋立へ~

本日の予定‥ 海沿いをひたすら走って天橋立⇒出石(時間があれば)⇒家路へ

特別興味はないが、日本三景だし行っとかなきゃと、かなり遠回りだが天橋立経由で帰ることに。

ところがその前に夫の心を鷲掴みにしたものがsign03

155ここは舞鶴港。そう海上自衛隊の舞鶴基地があるんです。

航空自衛隊の次は海上自衛隊かい。まるで自衛隊オタクみたい。

みたいじゃなくて、もしやオタクsign02

期待はしてなかったみたいだが、ちょっと寄って行こう、と港を見た途端ハイテンションhappy02

またも撮影モードに。「船は動かないから撮りやすいね~」とご満悦。

164 そして六角形マークを見つけてさらに興奮sign03

「イージスだ!イージスがいる!」

なるほど、盾のマークね。

なんだかちょっとジェラシーgawk こんなにうれしくなれるものなんて私あるかな‥?

と、興奮の寄り道をして天橋立に到着。

172着いたらびっくり!人がいっぱい!駐車場が高い!

さすが日本三景ね~と冷めた感心をするが、どこにいけば天橋立が見られるのか全く調べてなかったことに気づく。

とりあえず駅の中をふらふらして、天橋立ビューランドなるところから全景が見られることがわかり、早速向かう。

うわぁ~これこれ、写真とかで見たことある~

そうそう、サザエさんのオープニングで天橋立を股の間から見てた!股のぞきっていうのね~

満足。さ、次行きましょdash

190

時間が微妙だが、出石に行ってみることに。

出石といえばそばしか思い浮かばなかったが、お城があったらしい。

観光バスも入る大きな駐車場もあり、賑やかな呼び込みのお土産物屋さんもあり、わりと観光地っぽかった。

そしてそば屋さんだらけ。

どこか入って食べてみようかと思いながら歩いてるうちに疲れてそばにも興味がなくなった。

元気な時にもう一度来て、城下町をしっかり歩いて皿そばも味わってみたい。

203 今回の旅の写真はこちらから

2008-09-21

金沢回顧録~福井へ~

本日の予定‥ 小松基地航空祭⇒東尋坊⇒恐竜博物館or永平寺(興味と時間があれば)

早朝に金沢を出発して小松基地に向かい8時過ぎには基地に入る。

はずだった。というのも天気が悪いrain 一応6時くらいに起きてみたが金沢は雨。予報では小松も雨。そもそも、5月の美保基地の航空祭が天候不良のため、飛行展示が全てキャンセルになり、全く楽しめなかったので計画した旅行でもあった。

小松基地ならたとえ飛行がキャンセルになってもFなんとかって戦闘機が常駐してるから近くで見れるはずだったが、昨夜の美味しい日本酒のおかげで、航空祭は半分くらいどうでもいいものになってた。

しかし、今夜の宿は福井に取ってるし、金沢観光も満足したし、とりあえず福井方面に向かったcar082

ところが、小松空港に近づくと聞こえるじゃありませんかsign01 ものすごい轟音がsign01

毎日美保基地から飛び立つ輸送機の音とは明らかに違うスピード感のある響き。飛んでるよ~happy02

105 113_2 115101

急にテンションが上がる。

駐車するところをなんとか見つけて撮影モードにcamera

もちろんカメラは夫に委ねた。

撮るは撮るは‥しかし、なにしろチビニコン君は限界が早い。望遠も限界、戦闘機の速さについてくのも限界(これは腕?)。

やっぱりFなんとかの数が違うせいか、飛行の時間も長い。戦闘機の飛行が終わったら大満足で福井へ向かう。そういえば飛行中は雨が降らなかった。願いが通じたかwink

119

福井は予報通りrain

とりあえず私は言った事なかったので東尋坊へ。

ちょうどお昼なので東尋坊の入り口のお店で海鮮丼を味わって、東尋坊をちら見。あいにくの天候で遊覧船も人気薄。

134

今日は外は楽しめないので、勝山の福井県立恐竜博物館へ。

ここが意外に楽しめた。閉館まであまり時間がなかったの大急ぎで見たが、もっとじっくりゆっくり見たかったweep

化石をクリーニングしてる人もいた。本当に好きじゃないとこんな仕事できないだろうなぁと思いながら眺める。

126 

それにしても勝山が日本で最大の恐竜の産地だったとは。フクイサウルスと呼ばれるものもいるらしい。

出雲地方は地面を掘れば遺跡が見つかる遺跡や古墳の産地だが、恐竜の骨が見つかったのは聞いたことがない。この辺りにも恐竜はいたはずなのに‥

この博物館、恐竜の卵の形をしております。そして卵を見下ろす丘には恐竜博士もおりまする。

145 142

148 恐竜に満足して福井市内に向かう。

が、せっかくだからと永平寺タッチpaper

外から見てもなんだか大そうなお寺でした。

今回の旅の写真はこちらから

2008-09-20

金沢回顧録~金沢到着~

このまま突っ走れば7時には金沢に着いちゃうdash ということで、空腹と睡魔と疲労を解決するために尼御前SAでしばし休憩sleepy 朝食にうどんを食べて、ほとんどパジャマに近い恰好だったので車の中で衣装替え。いざ金沢へsign03

この日のルートは‥ ひがし茶屋街⇒主計町⇒21世紀美術館⇒能楽美術館⇒武家屋敷⇒にし茶屋街⇒夜の金沢せせらぎ通りbottle

ちょっと欲張りすぎたcoldsweats01 かなりお疲れだったがここは気合いを入れて頑張ったgood

『ひがし茶屋街』005_3

江戸時代のお茶屋さん(大人が夜に楽しむところconfident)の建物が残され、とても雰囲気がある。お茶屋といってもかなり格式の高い感じ。

野暮な男はお断り、粋な男しか入れないところ。お金だけでなく、男には教養が必要。現代も同じねsmile

いくつか残るお茶屋さんのうち「志摩」に入ってみた。江戸時代そのまま手を加えず残しているそうだ。

9月までは夏バージョンで、襖や障子が簾に入れ替えられていた。ホントに素敵shine

027_3 021_3015_3012_5

 

031_5 『主計町茶屋街』

金沢三茶屋街の2つめ。かずえまちと読む。

夜の方がきれいらしいが時間の都合で昼のみ。何年か前に尾張町に住所変更されたが、住民の強い希望で主計町が復活sign01こんなことは滅多にないらしい。確かに「かずえまち」の方が趣がある。

ひがし茶屋街から主計町まで歩きながら金澤烏骨鶏庵のソフトクリームを食べた。1つ500円sign01ちょっと観光客価格じゃな~いと渋りながらも買ってしまう。

さすが烏骨鶏の卵を使ってるだけあって、まずクリームが黄色い。味も牛乳より卵の味がしっかりして不思議な感じ。たぶん近所に住んでたら絶対買わないだろうな~と旅先ならではの贅沢を味わう。

500円にひるんだ私だが、実は金箔入り700円というのもある。さすがにこちらは興味すらわかなかったgawk 興味のある方はぜひどうぞ。

ソフトクリームなら大山みるくの里も負けてないぞgoodお値段もお手頃300円sign03

036_4 『21世紀美術館』

通称まるびぃ。中に入るとわかんないし、外から見ても大きすぎてわかんないが、建物が丸いらしい。だからまるびぃ。

以前テレビでプールの作品を見て、行ってみたかったところ。結局有料ゾーンには入らず無料ゾーンで満足coldsweats01 お金を払えばプールの中に入られる。

21世紀型ミュージアムというだけあって、新しい試みをするための美術館っぽかった。

047_3 『武家屋敷跡』

身近に松江の武家屋敷がある私にとっては、まぁこんなものかなって感じ。

写真に写るのれんのお店は、金沢名物あめの俵屋でござる。あまり興味がないので外から見ただけ。

066 『にし茶屋街』

金沢にある3つ目の茶屋街。

ここに来る頃にはかなりぐったりbearing

しかしこれで金沢三茶屋街制覇crown

ここもひがし茶屋街と同じく紅殻格子の建物が並ぶ。

ひがしより規模が小さいかな?

ここでかわいい甘納豆屋さんを発見。

おみやげにひよこ豆とレモンとくるみを購入。069_4

パッケージもホントにかわいいheart04 

お婆ちゃんの甘納豆よりは甘さ控えめで、種類も豊富sign03

迷いに迷った末に3つを選んだが、近くにあれば間違いなく全種類制覇を目指してる。

これで金沢観光終了。

まだまだ撮った写真はこちらからcamera

あれ?兼六園は?金沢城は?と言われそうだが、夫も私も興味がないのであっさりパス。

本当は行きたかった忍者寺も時間の都合でパス。ていうか、元気が残ってなかったので、見学までの時間を待ってられなかった。

そして疲れた体を引きずり、香林坊の宿まで帰り、夜のせせらぎ通りへ‥smile

2008-09-19

金沢回顧録~出発の日~

いろんな事が重なって、とうとう決心した金沢旅行。

東出雲から金沢まで車で約550キロ。高速一直線で約7時間。遠いな・・

でも久々の二人旅だし、頑張って行くsign01なんとかなるでしょsign03

仕事を終えて帰ってから準備開始。暑いかな~寒いかな~天気いいかな~とあれこれ思案してやっと私の準備完了。9時頃夫が帰宅。彼はさっさと準備終了。

食べ過ぎると眠くなるので軽く食事を済ませ、シャワーを浴びる。どうせ朝まで他人にも会わないだろうからスッピン&楽な格好で出発準備完了。

そう、出発は夜。ETCの深夜割をちゃっかり使おうって魂胆ですsmileこれで夕食1人分うきました。

深夜0時。ファミマで飲み物と小腹がすいたときのためのおにぎりを仕入れて、いざ出発rvcar

ワクワクドキドキの始まり~

003_2

« 2008年3月 | トップページ | 2008年10月 »